ママになってNEWSにハマる。

慶ちゃんと同い年。ただシゲアキを崇めたいだけのブログ。

NEWS担を降ります

此度の事変からずっとずっとNEWSのことを、考えてました。

 

6/7、多分一生忘れない日。

 

考えれば考えるほど、NEWSファンでいることは精神衛生上良くないな、って思った。何気ない言葉で傷つけられたり、嫌な思いもたくさんした。

 

そしてエゴサしては、負の気持ちに支配されそうになって、でもそれは自分の気持ちの代弁でもあったから憂鬱になった。

 

今まで蓋をして見ないふりをしてた感情が、一つの砲火ですべて明るみになってしまっただけのことで、遅かれ早かれこうなるのは避けられなかったんじゃないかとさえ思った。

 

身から出た錆で当然の報いを受けているのに、一緒に泥水飲んでやる、なんて思えなかったし、さまざまな大人の事情があったにせよ処罰には今も納得がいっていない。


まして、よかったね、おかえり、なんて自業自得なのに?到底思えないし、だからと言って主観を押し付ける権利などないと言われたらそれまでなので。


はっきり言うと一概にアンチと言われる意見寄りなんだと思いますが、それだけNEWSが好きだったから言い方は悪くとも苦言を呈したくもなるんだよ。

 

長く見てきた彼らだからから、信じてついてきたファンだから、裏切られたような感覚になるのは当たり前じゃないのかな?

 

ファンが苦言を呈すことすら批判される空気もとても嫌だなと感じています。

アンチや愚痴垢の人々が、ファンだったこと、忘れないでほしい。

 

耳が痛いことを言ってくる人も、それが正論ならば大事にすべきじゃないの?辛辣なご意見は、フィルタにかけられて全部捨て去られているんじゃないかと思うような現状…だと私は思う。

 

今まで自分が見てきた、素敵だと思っていた世界って、なんだったんだろう。アイドルって本当にただの偶像だったのかもしれない。そう思ってしまうことが既に悲しい。


キャリアでいうと三年半ほどの短い間しかNEWSを見ていないのだけど、その間に感じていた気持ちは唯一無二のものだと思っていた。なのに、いとも簡単に崩壊してしまう気持ちに自分でも戸惑いしかなかった。

 

その上、こんなことで揺るがないファンとNEWSの絆!それこそ本物のファン!みたいな風潮が、益々私の気持ちを白けさせた。

 

そんな風潮というか、私の歪んだ受け取り方なのかもしれないけど、ハガキの一枚もかけない自分が果たしてファンと名乗って良いものかと、どんどん自分とNEWS(とNEWS担)との間に溝が出来ていくように思えた。

 

盲目的に、今までの失態もなかったことにしてこれから先だけを見て応援できればよかったんだけど、どうも徹底的に疑って疑って、本質を知りたい性格ゆえ、それは難しそうです。

 

そんな私はたぶんNEWSのファンとして、ジャニオタとして、幸せな未来は待っていないんじゃないかと思う。

 

表向きのキラキラしたものだけをずっと見ていたかった、と、切実に今も思っているし、どうしてこんなに自分はどす黒い感情が捨てられないネガティヴ野郎なのだろうって思うと泣けてくる。

 

おかえり、と言えた人もきっと複雑な思いを消化して前を向く決意をしたはずだから、自分にそんな強い思いがなかったのかな?と今も思ってるよ

 

そんな訳で…見ていると辛くなることが多いから、積極的にNEWSを追うのはやめます。

 

ただ、個人的には自担には相当失望はしたけど、げっそり痩せた姿には同情せずにはいられなかったし、公開処刑のようにメディアに出され続けた姿は、犯した罪相応のペナルティを充分受けたんじゃないかと思っている。

 

そしてシゲの書く文は好きだから、きっと本は読み続けていくと思うし、シゲを嫌いになったわけでもないから他Gに降りるなんてきっとできないし、このまま幸せだった時間だけ大切に思い出にできればなと今は思ってる。

 

本当は味スタで自分の目で確かめてから降りようって思っていたけど、ちょっとそこまでもうメンタルが持ちそうにないです。

 

 

長文読んでいただきありがとうございます。

 

最後に、こんな私と仲良くしてくださった方、ありがとうございました。

不死鳥にはなれなくても

めちゃくちゃ好きだった人を一瞬で嫌いになれる出来事なんて、そうあるものではない。

告白して玉砕しても、その人が結婚しても、仮に犯罪を犯したとしても。

好きだって気持ちを一瞬で100から0、ましてマイナスに出来るほど、私は人として器用ではない。

 


此度の件で、まずネット上で音声が流出した時点で、私はなんとも思っていなかった。

なんとも思っていなかった、というのは、その字面の通りで、本当に、なんとも思っていなかった。

強いていうなら、小山さんは懲りないな、と思ったくらい。

不謹慎かもしれませんが、また今までの事変のようにスルっとテレビではスルーされて

何事もなく忘れ去られていくんだろうと思っていたし、そう願っていた。

 


未成年で、飲酒したことない人間なんて、どのくらいいるだろうか。

彼らのしたことについては、脇が甘いな、と思う程度だけど、その後が悪かった。

売った女が悪い!だの、処罰が厳しすぎる!だのいうつもりは毛頭ない。

日本はそれだけ平和ボケしているんだと思うけど、その日本のエンターテイメントとしてNEWSが存在している以上、社会的制裁や批判を受けるしかないのだから。

 


SNSがここまで普及しているご時世、自分の必要な情報だけを取捨選択することは賢明だと思う。

でも、取捨選択するには、一度情報に目を通す必要がある。私のTLには目を通すのもしんどくなるような情報が溢れてた。

 

 

 

他G担からの批判や、尊敬すべきエピソードのRT

流出させた女を叩く内容や愚痴垢

過剰なまでの妄信的なファン

 

 

 

Twitterは何をつぶやくのも自由だし、ファンの姿勢に正しいも正しく無いも無いから

ただ私は錯綜する情報を全部見たくなくなって、見てたら心が疲れてしまうから、そっと全てを閉じました。

起きてしまった事件にじゃなくて、その後の周りを取り巻くネットニュースやSNSに疲れてしまった。

 

 

 

 

こんなに好きなのに

 


こんなに好きだから

 


何も言えない

 

 

 

 


この想いをハガキに書けない私は薄情なのだろうか

自衛に走ってばかりなのは気持ちが弱いんだろうか

 


何度も自問自答するけど、やっぱり未消化な気持ちが勝って、ため息しか出なくなる。

 


私は不死鳥にはなれない。

 


自分の目で見て信じていた景色さえ、幻だったのかと思えて泣けてくるんだけど


落ち込んでても、目を閉じてても、時間は進んでて


出かけたスーパーではBLUEがかかるし


ポストを開けたら早くから頼んでいた傘蟻が届いているし


心がズキって痛むことが多くて、それが好きを諦めきれてないことを証明してて、だからなおさらしんどい。

 

 

 

私がまだ積極的にNEWSに触れることができるようになるには、時間がかかりそうです。

EPCOTIA的・うちわと防振双眼鏡デビュー戦

行ってきました、5/6 NEWS EPCOTIA@大阪城ホール

 

今回のツアーに挑む私の装備は、昨年のNEVERLANDより確実にパワーアップしていた。

 

ジャニーズのコンサートにおける特徴的なもの、というのはいくつかあると思うのですが

 

うちわを自作する

 

これが一番、私には、否、きっとシゲ担にはハードルが高かった。

 

うちわ、というのはジャニコン独自の文化で、母の影響でSMAPのコンサートに何度も入ったことはあったが

 

それを見た感想は

 

「わぁ…この人たちガチやん、こわいやん…」

 

だったので、うちわ=強火なヲタクのもちもの、という思い込みがあった。

 

そもそもうちわを作りたい、って思ったことがなかった。

 

語弊があるといけないんですが…シゲアキ担の多くは、前に出られないタイプだと思うんですよ…自担にも人見知りを発揮。

 

仮に投げチューして♡とシゲにうちわを作ったところで、

 

ファンサマシーン・手越祐也から、チューをもらえる確率と比較するとおそらく100分の1くらいの確率で。(当社比)

 

そもそも、そんなおこがましいこと書けないし、本当にただお慕いしている旨が伝わればいいので

 

そっと胸の高さで公式うちわを掲げるのが精一杯で。祈りがちなタイプのヲタク

 

今回もそれで良いと思っていたのですが、突如目に飛び込んできたEPCOTIAグッズのビジュ。

 

問題発覚…

 

【悲報】公式うちわ、顔がわからない

 

f:id:news_31:20180507230103j:image

嗚呼、とにかく顔がいい

 

じゃなくって、無駄にオシャレ!ほんと無駄にっ!!!!

 

これじゃシゲが万一、視界に私を入れてくれたとしても、きっと自分の担当だってわからない。

 

シゲが私をその目に映してくれる数秒の間があるなら(重い

 

絶対伝えなきゃいけない。

 

使命感でそう思っては見たものの、まず何を書けばいいかわからない。

 

釣って? (ありがち)

バーンして? (ありがち)

チュベローズで待ってる? (長い)

美津子だよ? (びっくりするやん)*1

 

冴えたうちわ芸がひとつも思いつかず、文字パラアプリをスクロールしてイメージを膨らませる毎日。

 

書きたいことも思いつかなければ、作る才能もないし、作るのすら恥ずかしいと思ってる。

 

だってこれは公開ラブレターなわけでしょ?(だから重い

 

困り果てた私は、金で解決することにした。

 

ゴーストライターならぬ、ゴーストうちわ作家…

 

シゲって緑でいれて!にゅすもちっさく!

ファンサ文言は諦めて、ずっと大好き。これに尽きる。以上!

 

まるっと投げたら、めっちゃ仕事早ですばらなうちわ出来上がってきました。

 

f:id:news_31:20180507231620j:image

ずっと(重←ポイント

 

文字パラ様、ありがとうございました。

 

[ピィの装備]

こうげき +5

せっきょくせい +2

マネー -3000

 

これに勢いづいた私、どうせならもっとハイスペックな装備で行きたいと欲が出てきまして。

 

前々から欲しいなと思っていた【防振双眼鏡】をリサーチすることに。

 

DVD画質からブルーレイになる!

開始5秒で元取れた!

自担の汗までクッキリ!

 

なんて、謳い文句に踊らされて…まぁずっと使うし長い目で見ればそんな高くないよね?

 

今の遠征できない状況考えたら(子持ち)遠征一回って考えたらむしろそれくらい買っても罰当たらんね?

 

と決めて、買いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 キヤノン CANON 10倍双眼鏡 BINO 10×30 IS II[BINO10X30IS2]
価格:53710円(税込、送料無料) (2018/5/8時点)


 

 

[ピィの装備]

しりょく +10(倍)

マネー -50000

 

っとまぁ、前回のコンサートより、だいぶ強めな装備になりいざ参戦!

 

まず、会場へ向かう途中で慄いたのは

 

防振クッッソ重いw

 

重量600gで軽量な防振だそうですが、カバンに入れてる時点でもう重い。

 

この重量がじわじわとHPを削いでいく…

 

いざ!会場入りし、また自分の名義が仕事しなかったのでスタンドだったんですが

 

防振活躍の意味ではよかったのかな、と。

 

結果…

 

開始前から勝利を確信!!!!

 

ピントを合わせたら、開演前にそわそわしているアリーナの人々の表情までくっきり。

 

そして、着くまで重い重いと嘆いていたのに、持つと重さは感じなくて。

 

無事、一曲目からウォーターアイ©️てごにゃ

 

でした。

 

ただ、四人全員、全体像を見たい!ってのと、ピンポイントで見たい!っていうのが忙しすぎて

 

途中から軽くパニックですよ…ペンラにはストラップないし、

 

途中から、防振を首にかけていることにより負荷がかかって頭痛がしてきた。笑

 

来年コンサートまでに首を鍛えて挑みたいと思う。*2

 

ネタバレは極力しないように書きますが、にゅすくんたちがぴょんぴょーんと元気に跳ねる曲があり

 

それを双眼鏡で追いかけてたら、吐きそうになりましたwww自担はきっと三半規管が強い

 

しかもこの日は、初めて1日2公演に参戦するという日でして。

 

防振に関しては、1公演は全力で見れるけど、2公演になるとしんどい。酔う。

 

でも、その仕事っぷりは本当に素晴らしいので、防振のおかげで振り付けの細かいところとか

 

衣装の細部まで観れたので、買ってよかったと思います。

 

無いと絶対ダメ!ってわけじゃないけど、持ってるに越したことはない…かな?

 

まぁ、使わなくても肉眼で見れる神席当選がなによりの願いですが。

 

あっあと、うちわの件、ですが、ずっと自担のファンサの行き場を見れる範囲で追っかけた結果

 

シ ゲ

 

の二文字の二連が最強ってことに気づいたので、自分の欲張りっぷりを反省。

 

あと、シゲアキどんだけわかりやすいのにしか反応しないのww

 

夜公演で友人が隣でファンサマシーンから、がっつりファンサもらってるのを見ながら

来年は シ ゲ の二連でいくと決めました。

そしてもちろん、裏は 祐 也 (コラw

 

オーラスが終わったら、私的レポ公開したいと思います〜。

*1:著書チュベローズで待ってるに出てくる熟女

*2:誰か首を鍛える冴えたやりかた知ってたら教えて

新ジャンルを開拓した自担をただ褒めたい

TOKIOの会見を見ていて、特に好きだったわけでもないけど

 

やっぱりただ、苦しくなる。

 

メンバーって、同僚じゃなく、家族なんだなって思う。

 

会社(ジャニーズ)が出てこずに同僚が出て謝罪するなんて、と批判する声も見かけたけど

 

同僚じゃなくて家族だって思えば、なにもおかしなことはない。

 

深く言及はしませんが、グループを存続させるって、奇跡なんだと思う。

 

NEWSに関して言えば、私は四人になってからの彼らしかリアルタイムで知らない。

 

結成から数えてもまだ15周年。TOKIOのように…25周年を迎える頃、私の好きな人はどんな景色を見ているんだろう。

 

不謹慎ながらそんなことを考えてしまった。

 

今まで苦汁を舐めたぶん、自担にはずっと幸せな景色を見て、ずっと笑っていてほしいなって思う親心。

 

昨今、育児も少し余裕がでてきて、過去映像を振り返る時間も多々あるのですが

 

過去のシゲちゃん(あえての"ちゃん")は、それはそれはとにかく可愛い。

 

可愛くってたまらないし、メンバーみんな若くて可愛いって思うんだけど

 

やっぱり、私は今この瞬間のNEWSが好きで。

 

何故もっと早くに好きになってなかったんだろう?って考えることもあったけど

 

きっと堕ちるべきタイミングで、堕ちたのだと思う。

 

多分、NEWSが四人になってなきゃ、私は好きになってなかった。

 

四人になってから、がむしゃらになって、それに吸い寄せられるようにハマっていって。

 

特にシゲに関しては執筆を通して、取り憑かれていたものが、浄化されたような

 

今のそのトゲの抜けた雰囲気と、佇まいと、柔らかさがたまらなく好きで。

 

アイドルとしての立ち位置を見つけるために、作家という新しい地位を築いて

 

結果としてファンだけでなく、自分も救済出来ているところに、ただ尊敬の念を抱いております。

 

ジャニーズだけじゃなく、相対的に見てグループというのは分母の数が多いほど

 

人目に留まる契機は多くなるし、お気に入りのメンバーも見つけやすくなる。

 

ドラマ落ちだったり、歌番組、バラエティ、キャスター、ハマってく入り口は人それぞれだし

 

どこにファンになる可能性が落ちてて、それを拾うかなんて誰も予測できない。

 

その間口をひとつでも広げるべく、テキスト落ち、という新しいジャンルを開拓した、加藤シゲアキ

 

偉そうに言って私はテキスト落ちではないですが*1、一段深い沼にズボっとハマった自覚は確実にシゲの書く文章にあると思っている。*2

 

アイドルとして、歌って踊っている彼が一番好きではあるけど、

 

加藤シゲアキ(40)の書く小説を、この目で必ず見てみたいなって、それってすごく楽しみなだなって、切に思うのであります。

*1:なんならバラエティ落ち、夜会のコヤシゲ

*2:棺桶にはチュベローズ入れてください※随時更新

パブリックシゲも愛しいよ

NEWSを追いかけはじめて、早3年経ちますがここ最近の「好き」の加速っぷりがヤバい。

 

考えられる要因はいくつかあって、一つは間違いなく荒んだBBAの五臓六腑に染み渡るアプリ*1のせいだろう。

 

現在、専業主婦をしていますが、旦那への恋心は分娩台あたりに置いて来てしまったかと思われます。

 

まっすーの言うように恋愛の先に結婚があればよかったんだけど*2、そうもいかず。

 

恋する感覚を忘れたオバハンを殺しにかかってるヤバいアプリです、ええ。

 

すでに自担ルート前からまぁまぁな額注ぎ込んでいますが、本望です。

 

まだシゲアキストーリーは旅行編しか開放されていないので断言してしまうのもなんなんですが、全員最低一周はした結果思うこと

 

シゲアキがパブリックシゲアキすぎて玄人には物足りん

 

何言ってんのこのオバハン?と思われる方もいらっしゃることかと思います…

 

1シゲ担の戯言と思って読み流してください。

 

敬愛する加藤シゲアキという人は、一言で表すなら「自意識の塊」だと思います。

 

美しいお顔に相反して、拗らせがちな自意識こそ、シゲの魅力の真骨頂であることは周知の事実かとは思いますが。

 

わたしがシゲほど他のメンバーについて考察したことがないから言えることなのかもしれませんが

 

他の3人のストーリーは、ああ、これ、あるある、言いそうなやつーー!とサクサク進められるのに

 

シゲのストーリーだけ、あぁ、こんなこと言いそうと、思われてそうだけど、多分言わねぇな。

 

一言で言うとシゲはもっと雑w

 

なもんで、この行間にはどんな意図が隠されているの…?と深読みしだす始末。

 

そう、シゲは自分のファンですら拗らせたgirlにしてしまう、困ったお方なのです。

行間がうんぬん言ってたらソラシゲでもおんなじようなこと言ってたので、この共感はあながち間違ってない気がする

 

あのストーリーはかなりNEWSのことを知った上で作られた、完成度の高いものであると思う。

 

NEWSに近い人間が作ったストーリーだとしたら?

 

むしろストーリーをシゲが書いているとしたら?

 

自意識を拗らせたシゲをカモフラージュするために、シゲがシゲのストーリーだけ表向きのキャラクターを作り上げてたとしたら?

 

それって…エモすぎません?

ここまで拗らせ度数150%、脳内BGMはにゅす恋のSE、でお読みください

 

話は脱線しましたが、パブリックシゲも、拗らせシゲも、どんなシゲも愛しいよ、と。

 

ただ本編ストーリー的にはもうひと拗らせ欲しい。

 

人見知りでデリバリーすら頼めない人が、すんなり恋に落ちるわけないもの。

 

難攻不落なハードモードであってほしいと願うヲタ心。

 

客観的に見ても、自分含めシゲアキ担の方たちは「憑依型」が多いと思う。

 

それはシゲの思考に少しでも近づきたいし、なりたいというかたちの愛。

 

実際、いじられがちな彼のポジションはさておき、小説、映画、お笑いに料理やカメラまで

 

多方面に明るいシゲは、手越さんのような

(´・ш・)  <ゆくゆく神になれると思ってる☆

くらいの自信さえあればミスターパーフェクトだと思うし

 

完璧でないからこそ私たちは自分に似た要素を重ねるし、重ね合わせたいんだと思う。少なくとも自分はそういうタイプのオタク。

 

本編ストーリーへの妄想は止まりませんが、配信されたら息をするように課金することは免れようがないので。

 

映画見に行ってはじめて手が触れて…あっ…

 

カメラを教えてもらっててファインダー覗き込んで…あっ…

 

料理いっしょにしようって顔が近くて…あっ…

 

あると思いませんか?(ずっと妄想

 

シゲのストーリー作るにあたってシチュエーション想像できるアイテム多いな。。

 

とりあえず財布の紐ガバガバでお待ちしております。

*1:NEWSに恋して

*2:NEWカップルS引用

チュベローズを塗ってる

今、付き合ってる彼…あっ、貴くんって言うんだけど。

 

彼がずっとやりたいって言ってた衣装展が今度大阪であるんだけどね。

 

どうしても抜けれない用があって、行けそうにないんだ…

 

本当に行きたかったんだけど何を言っても言い訳みたいに聞こえそうで。

 

なんて言えば、いいのかな…(にゅす恋主人公の心情*1

 

やっちまったなーーーー!!!

 

今日、デートに向けて可愛い子猫ちゃん*2になるために、デパートのコスメカウンターでタッチアップをしていた私。

 

購入するものを決めて支払いをしようとしたら、iPhoneが鳴る。

 

フト、画面を見ると

f:id:news_31:20180410221744j:image

今日当落やった!!!!!!!

 

はやる気持ちを抑えてメールを開くと…

 

当選日時:5/6 18:30

 

・・・・・・・・・。

 

我、宇宙旅行最中、故、参加不可也。

 

ぎゃーーーーー。゚(゚´ω`゚)゚。

 

大阪の公演とだだ被りアカーーーーン

 

 

とか言ってたけど、どんどん悲しみは深く…

 

 

事態を飲み込む能力が著しく欠落しているらしい。

 

そのあと悲しみに暮れながらSABONへ行き

 

たまたま立ち寄って発見した風を装いながら、この度限定発売となったチュベローズシリーズを見つめ


ピ「これいい香りですね…」
店「チュベローズの香りなんですよ」

ピ「チュベローズ( ◠‿◠ )」

店「チュベローズ…」


店員に何度も「チュベローズ」と言わせる猥褻な行為を働いた模様。

 

ピ「むしゃくしゃしてやりました」

 

もはやNEVERLAND展も、チュベローズ*3も関係ねえ!やってやらあ!!

 

f:id:news_31:20180410223233j:image

 

悲しみに暮れながら、なすすべもなく、購入したチュベローズのクリームをぬりぬりしながら

 

このブログを書いているのでありました。

なんとか交換できればと思うけど顔つき身分証原本とメールを受信した端末がマストなんてもう詰んだやん。。。

 

*1:本日、貴くん呼びに昇格しました

*2:私not手越担

*3:チュベローズで待ってるは最高やで

課金をすべきシンプルな理由

いやーanan、よかったですね…

 

私は基本的に雑誌を買わないように心がけている人間です。

 

昔、バンギャ〜独身OLだった時代*1には、雑誌を読むのは趣味だし音楽雑誌からファッション誌まで手当たり次第に購入していたものです。

 

今ほどネットやSNSも普及していなかった時代、紙媒体から得る情報がかなりのウエイトを占めていたから、というのもあるだろう。

 

なのに何故、雑誌を買わなくなったかというとドル誌買いだすとキリがないというのと、

 

ミニマムライフに憧れているので基本的に紙ゴミになりうる可能性の高い雑誌は手元に置いておきたくない、という理由。

 

でも、ananのビジュもインタビューもさることながら、やはり自担が連載*2をスタートするという大事な号なので珍しく一冊買いました。

 

それでも一冊かよ、という話ですが、ananを大量買いしたところでNEWSやシゲアキへの還元が

 

目に見えてわかるわけではないのでこの一冊を穴のあくほど読みたいと思います。

 


つい先日の記事で、NEWSに恋してに課金した話を書いたばかりなのですが

 

昨日は3,000ラブコインも課金してしまいました。チョロいな…私。

 

雑誌も一冊買うか買わないかの私がこんなに熱心に課金する理由。

 

まず、元々システムの開発を仕事にしていたのでこのアプリをリリースするまでにどれほどの工数がかかったのだろう…あ、ここバグ!修正対応お疲れ様です!と、中の人の気持ちが気になりすぎる件。

 

おそらく、100%の気持ちでキュンキュンできないのも勝手に業者目線スカウターが邪魔してくるせいなのだろう。

 

ただ一つ、この課金は何よりも直接的で未来のある投資だと私は断言できる。

 

CDやDVDを何枚も買ってもその媒体に進化があるわけではないし、握手できるわけでもない。

 

だけどアプリケーションというものは、資金さえあれば常に進化を続けることができるものなのである。

 

ガラケーが衰退してスマホが爆発的に飛躍したように、進化を続けられるツールというものは飽きられることなく、よりよきものになっていくのである。

 

つまり、我々NEWS担がこのアプリに課金すればするほど、アプリは進化してどんどん私たちを楽しませて続けてくれるコンテンツになり得るのである。

 

まずは、開発費用をペイしていただきたいという意味を込めて、私はシゲルートが解放されるまで増田さんに課金しつづけようと思います。

 

どう転んでも課金沼の大人ヲタ。大人になってから彼らを好きになって本当によかったなと、思う次第であります。

*1:2000〜2010年あたり

*2:ミアキス・シンフォニー、読んでね